2006年04月11日

空腹時に発生する口臭

空腹時も口臭が発生しやすい時です。
生理的口臭の一つです。

食事をして色々な食べ物を食べることが口臭の原因となり、食事をしなければ口臭はないと思われる人が多いのですが、実は逆なんです!

食事中は食べ物のを噛むという作業が大量の唾液の分泌を促し、分泌されてきた唾液は口の中をキレイにしてくれて、口臭は少ないのです。

むしろ空腹ということは飲食を長い間とっていないので唾液が分泌されず口の中では細菌の繁殖がすすみ、口臭が増幅するのです。

通常食後2・3時間後ほど経つと唾液の分泌が減り、その後食べ物が入ってこない時間が長ければ長いほど唾液の分泌は減り続けて行きます。

その結果口の中の掃除がおろそかになり、口臭が出やすくなるのです。

ですので、朝昼晩の食事をきちんととる事が口臭エチケットには重要になってくるのです。

もちろんダイエットのための食事制限なんてもってのほかですよ!


話は変わりますが、Cell(細胞学)を研究し健康的な体作りのサポート
している続木和子さんが、口臭を無くす『7日間口臭改善プログラム』を
公開しています。

色んな雑誌にも取り上げられ、自身も書籍を多数発行されていて、興味深く
人気があるので紹介しますね。

↓↓↓↓↓↓↓
【口臭解消】7日間口臭改善プログラム 続木和子


posted by さや坊 at 19:17| 口臭の原因について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。