2006年04月11日

緊張した時に発生する口臭

緊張した時も口臭が発生しやすい時です。
生理的口臭の一つです。

唾液の分泌が口臭予防に大変役立つものだと紹介してきました。
しかし唾液の分泌される量は体の体調や精神状態の影響を受けやすいのです。
そのためストレスや緊張等によって唾液の分泌量が減り、自浄作用効果が薄れ口臭を強くするのです。

人前に出て何かを発表する時や初対面の人と話す時、また上司に怒られているときなど、緊張のあまり唾液を飲み込もうとしても、唾液自体が出てこないで飲み込めず、口の中がカラカラの状態になったという経験はありませんか?

また、激しい運動の直後や強いストレスを受けた後など同じ状態になり唾液の量は少なくなります。

こうした状態が長く続くと口臭が強くなりますので、適度にのどをうるおしたり、ガムを噛んだりと口臭対策する必要があります。


話は変わりますが、Cell(細胞学)を研究し健康的な体作りのサポート
している続木和子さんが、口臭を無くす『7日間口臭改善プログラム』を
公開しています。

色んな雑誌にも取り上げられ、自身も書籍を多数発行されていて、興味深く
人気があるので紹介しますね。

↓↓↓↓↓↓↓
【口臭解消】7日間口臭改善プログラム 続木和子


posted by さや坊 at 19:29| 口臭の原因について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。