2006年04月14日

歯肉の炎症が原因の口臭

1ミリグラムの歯垢には、役億もの細菌がいるといわれています。
膨大な細菌が毒素や酵素を排出しているため、そのまま放置していると歯肉に炎症を引き起こしてしまいます。

歯肉が炎症を起こすと赤く腫れて出血しやすくなります。
これが歯肉炎と呼ばれる状態です。

歯肉炎を放置しておくと炎症は深い部分にまで広がりついには歯を支える骨までも溶かしてしまいます。
こうなると出血だけでなく膿が出たり、歯が抜けたりします。
このような状態を「歯周病」といいます。

歯垢とともに歯周病は口臭の原因になります。
歯肉炎や歯周病は口臭の原因の約8割を占めていると言われています。

これは歳をとるとともに歯肉の病気は深刻になってきます。
最重要注意原因ですね。


話は変わりますが、Cell(細胞学)を研究し健康的な体作りのサポート
している続木和子さんが、口臭を無くす『7日間口臭改善プログラム』を
公開しています。

色んな雑誌にも取り上げられ、自身も書籍を多数発行されていて、興味深く
人気があるので紹介しますね。

↓↓↓↓↓↓↓
【口臭解消】7日間口臭改善プログラム 続木和子


posted by さや坊 at 19:26| 口臭の原因について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。